話を聞くとは?

こんにちは菅です、今日は前回のメルマガの続きのお話です。

「 今回は、私にも答えが・・・です
   次回のメルマガでフォローをお願いします! 」

と、メールくださったKさん。

ありがとうございました!!

今日はKさんのためにメルマガ書きますね♪

■ 「話を聞いてもらった」と感じてもらうには?

さて、前回のメルマガで、

『 スタッフの話を聞いてそれに対してアドバイスをした。』

それは『 スタッフの話を聞いた 』のでしょうか?それとも、
『 スタッフに話をした 』のでしょうか?

また、そのアドバイスをされたスタッフは、

『 話を聞いてもらった 』と思っているでしょうか?それとも、
『 話を聞かされた 』と思っているでしょうか?

こんなお話をしました。

また、

最近売上が伸びてきているヘアサロンのオーナーEさんはどうしたんでしょうか?

というお話もしましたね。

※ 詳しくはバックナンバーでどうぞ

では、補足説明していきますね。
まず、

そのアドバイスをされたスタッフは、

『 話を聞いてもらった 』と思っているでしょうか?それとも、
『 話を聞かされた 』と思っているでしょうか?

ということですが、これはちょっと想像すれば分かりますよね。
きっと、

『 話を聞かされた 』

と思っているはずです。
ということは、

『 スタッフの話を聞いてそれに対してアドバイスをした。』
ということは、残念ながら客観的に見ればそれは

「 話を聞いた 」

ということにはなってないんですね。

当然、経営者さんからしてみれば、

「 少しでも気持ちよく仕事ができるように・・・ 」とか、
「 次から困らなくて済むように・・・ 」とか、
「 これをきっかけにもっと成長してもらいたい・・・・ 」とか、

いろいろと考えてアドバイスしてるんだと思いますよ。

でもね、当のスタッフは「 話を聞かされた 」と、
感じているわけです。

それは「 話を聞いた 」とは言わないですよね?

じゃあ、どうしたらいいのか?
最近売上が伸びてきているヘアサロンのオーナーEさんはどうしたのか?

もう、これは単純な話です。

 

文字通り、

 

「 話を聞いた 」

 

以上です。

 

 

・・・・え?

余計にわけが解んなくなった??

 

じゃ、もう少し整理しますね。

『 スタッフの話を聞いてそれに対してアドバイスをした。』

これ前半と後半に分けてみましょう。

つまり、

『 スタッフの話を聞いた 』
『 それに対してアドバイスをした。』

この2つに分けるということですね。
まず、前半の、

『 スタッフの話を聞いた 』

これは、もう文字通り「 スタッフの話を聞いた 」ですよね。

では後半の、

『 それに対してアドバイスをした。』

これは『 スタッフの話を聞いた 』ではなくて、
「 スタッフに話を聞かせた 」ですよね。

ということは、後半部分をとってしまえばいいということじゃないですか?

そう!!

アドバイスなんてしなけりゃいいんですよ。

「 どうしたんだ? 」
「 何か困っていることがあるのか? 」
「 その時どう思った? 」
「 なんでそうなっちゃったんだと思う? 」
「 本当はどうしたらいいと思う? 」

そうやって、まずはスタッフの話を聞く。
とことん聞く。

自分の考えを言わない。

それが、「 話を聞く 」ってことです。

もちろん、あなたからしてみれば、
スタッフが悩んでたり、困っていたりしたら、

「 それは○○だよ! 」とか、
「 ▽▽▽▽▽したらいいんじゃない? 」とか、

言いたくなるでしょう。

「 早く一人前のスタッフになってほしい 」とか、
「 仕事ができるようになってこの仕事の楽しさを感じてほしい 」とか、

いろいろあるでしょう。

でもね、そこをグッと我慢して、まずは話を聞いてみる。
とことん聞いてみる。

それが、「 スタッフの話を聞く 」ってことです。

 

まずは、

「 今仕事していて一番嫌いなことってなに? 」

「 もっと、こうだったらいいのに!!と不満を思っていることってない? 」

「 仕事をしていて一番嫌な瞬間ってどんなとき? 」

こんなことを聞いてみるのがお勧めです。

はじめはうまくできないかもしれません。

「 今仕事していて一番嫌いなことってなに? 」

と、聞いてみたらスタッフに、

「 なに?この人??どうしちゃったの???? 」

という白い目で見られるかもしれません。

 

でもね、そのうちスタッフもあきらめます。(笑)

 

「 そうやって聞かれるもんなんだ~ 」

と、慣れてきます。

こちらが、スタッフの言いたいことを100%聞いてあげると、
スタッフもこちらの言うことを聞こうとしてくれるもんですよ。

 

あとね、もし、失敗したところで何か大きな問題がありますか?

せいぜい、

「 うちのオーナーちょっと最近おかしいんじゃない? 」

って思われるくらいです。(笑)
大したことじゃないですよね?

どうですか?

もし、
「 うちのスタッフはちっとも話を聞いてくれない・・・。 」
「 自分で考えて行動してくれない・・・・。 」

そんなことで悩んでいるのなら、
「 スタッフの話を聞く 」これにチャレンジしてみませんか?

さて、気づいたらまた今回も長いメルマガになってしまいました。
では、最後に、

「 最近売上が伸びてきているヘアサロンのオーナーEさんはどうしたのか? 」

というお話をしておきますね。

1年前の3月のことです。

今回メルマガでお話ししたようなことを、
このヘアサロンのオーナーEさんにお話しました。

この話を聞いてEさんは、ぎこちないながらもミーティングを開いたり、
個別にスタッフから話を聞く機会を設けたり・・・。

そんなことをしながらスタッフの話を聞くように努力してみたそうです。

そして数週間後。

Eさんがこんな報告をしてくれました。

 

「 先日スタッフにこんなことを言われましたよ。 」

「 『 いままではどうせ話しても無駄だと思ってた 』だって~! 」

 

そりゃ、スタッフが、

「どうせ話しても無駄だ」

そう思っていたのなら、

「 実はスタッフが全然言うこと聞いてくれないんですよ・・・・ 」

なんて状況にもなりますよね。

もちろん、それがすぐに売上の上昇に直結したわけではありません。
また当然ですが、技術力や接客力を高めるための努力もしています。

でもね、私が1年付き合ってきてしたアドバイスは
基本的には「 話を聞きましょう 」それだけです。

あとは具体的に「 話を聞く 」そのためにどう行動いいのか?
ということをアドバイスしただけです。

DMのアドバイスとか、広告のアドバイスとか、
集客、販促のアドバイスなんてほとんどしていません。

それなのに、「 話を聞く 」ただそれだけのことで、
お店の雰囲気が変わり、スタッフの動きが変わり・・・・、

何より、売上が変わった。

前回のメルマガの冒頭でお話したように、このEさんのお店は、
前年同月比○十万円の売り上げプラスになっています。

そして、それを体験したEさん自身が、

「 結局はこれだよね~ 」

と、言っている。

これが事実です。

集客や販促の情報、これらはもちろん売上アップに役立ちます。
結果がでるノウハウもたくさんあるというのも事実です。

でもね、

「 なんか違う? 」

「 勉強して行動してるのに結果がでない・・・。 」

もしそう感じているのなら、「 話を聞く 」こんなことに、
真剣に向き合ってみるのもいいかもしませんよ。

実際、私がお手伝いしている方はそれで結果を出してますしね。

 

 

では、最後にいくつかお知らせです。

まずは、

■ 「繁盛店の作り方」販売終了のおしらせ

発売以来340人の方にご購入いただいた教材、

「 面白いほどよくわかる!繁盛店の作り方 」

 

こちらの教材ですが、6月30日で販売を終了します。

ノウハウ的には5年や10年で古くて使えなくなる情報ではありませんが、
発売開始後多くの経営者さんにご協力いただいたおかげで、
新たに「 繁盛店にする方法 」として、追加すべき情報があると考えています。

新しいバージョンの教材を作成するのか?

それとも、他の方法で皆さんに情報発信するのか?

今のところはまだ考え中ではありますが、
ひとまず、現行の教材は販売を終了することにいたしました。

もし必要があれば、今のうちにご購入くださいね。

 

では、次に、

ここ数回のメルマガで募集していたサポートメンバーの
募集のお知らせです。

なお、このサポートメンバーですが、
すでにお申し込みがありましたので今回で最後の募集です。

■ 一緒にお店を良くしていきませんか?

もし、あなたが、

「 自分の120%の力を出し切りたい!! 」

そう思っているのなら、私と一緒にお店を変えていきませんか?

ただいま、私が直接、毎週お電話であなたのお手伝いをする、
「サポートメンバー」を若干名(1名~2名)募集しています。

「サポートメンバーとは」曜日と時間を決めていただき、
その時間に毎週定期的に私から直接お電話することで、
あなたのお店を良くしていくサポートをするメンバーです。

私もいままでいろいろな形でのお手伝いを試行錯誤してきました。

毎週半強制的にこちらからお電話することが、経営者さんにとっても
いい刺激となって、結果としてお店を変えていくことができる。

そのことが解りましたので、
今私が有料にてお手伝いしている方はこの形が基本になっています。

毎週1回30分程度のお電話とメールでのサポートがセットで、
料金は1ヶ月3万円です。

まずは、いろいろと状況をお聞かせいただかないと、
私もその料金に見合ったお手伝いができるかどうか判断できません。

また、「今すぐ申し込むか決断しなくちゃいけない」
そんなプレッシャーがあるのはつらいことでしょう。

ですから、ご連絡いただいてもいきなり料金が発生するということはありません。
もし、興味があれば、このメルマガに返信して、

「 サポートメンバーに興味があります 」

とご連絡ください。

あなたのお店作りに私が役にたてるかまずは一緒に考えてみましょう。

■ 余談ですが

そういえば、今回お会いしたEさんも、

「 毎週火曜日にお電話があるんで日曜日の夜に、
『 これ聞かれても答えられるように 』と思って、準備しておくんですけど、
考えてなかった質問されたりして焦ったりするんですよね~。 」

「 正直、に言うと『 あ~、電話掛かってくるの困るなぁ・・・。』
って思うこともあるんですよ。 」

「 でもね、そうやって毎週電話があったからこうなれたんだと思うんですよ。 」 

と言ってくれてました。

他の方からも言われることがあるんですが、
どうも、私のお手伝いははっきり言って、

「困る時もある」

みたいです。(笑)

 

 

では、今日も最後までお付き合いありがとうございました。

今日もいいことがありそうですね♪

メールセミナまとめ記事メニュー

メールセミナーへの登録はこちら

繁盛店に変身させる方法
メールアドレス  
お 名 前    
ひとこと欄    
 
ホームページへ