一番喜んでくれているお客さんは誰ですか?

こんにちは菅です。

メールマガジンの連続発行っていつ以来でしょう??

ほんと、久しぶりですよ。

じつは昨日のメルマガ発行後、お二方から、

「 私はこんな理由でお店やってます!! 」

というメールをいただきました。
メールくださったYさん、Tさんありがとうございました。

また、まぐまぐ版のメルマガから独自配信版に、
切り替えて登録してくださったかたからも登録の際に

「いつも楽しく読ませていただいています」

「いつも楽しみにしています!」

「いつもわかりやすい表現をして頂けるのでとても参考になります。」

「よろしくお願いします」

「参考になります。」

「感謝しています」

「いつもなるほどと思わさせていただいています。」

などなどたくさんのコメントを
いただきました。

コメントくださった方、ありがとうございます!

ほんと、こうやってうれしい反響をいただけた時が、

「 あ~、メルマガ書いててよかったなぁ~!! 」

と思える一番うれしい瞬間ですね。

そして、嬉しいので思わず、
連続配信となるメルマガを今書いているというわけです。

特にメールくださったYさんTさん。

今日はお二人のためにメルマガ書きますね。

 

■ 一番大切なお客さんは誰ですか?

さて、昨日のメルマガで、

> 「 なんで自分はこの仕事をしているのか? 」
>
>
> これ、一度ゆっくりと考えてみませんか? 

と書きました。

考えてみましたか?

昨日お話ししたようにこれ考えるだけでも、
いろいろなメリットがあるのですが、実はこの話には続きがあります。

たとえば、あなたが焼肉屋さんだったとしますね。

「 なんで自分はこの仕事をしているのか? 」

この理由が、

「 上質のお肉を気軽に楽しんでもらいたい 」

こんな理由だったとします。

お客さんが減ってきたとき、資金繰りが厳しくなったとき、

「 もっと気軽にたくさん楽しんでもらえるように値下げしようか・・・・ 」とか、
「 チラシまいたら集客できるんじゃないか・・・? 」とか、
「 割引クーポンばらまいたらいいんじゃないか・・・? 」とか、

考えた時に、

「 上質のお肉を気軽に楽しんでもらいたい 」

という「あなたが仕事をしている理由」を考えると、

値下げすると

「気軽に」

ということはクリアできても、

「上質のお肉を」

これをクリアできなくなっちゃうからこれ以上値下げはできない。

そうやって判断しましょう!

そんなお話が昨日のお話でした。

でね、

たとえばそれで安売りをしようか?と迷った時に、
そう考えてみて安売りを思いとどまったとするじゃないですか。

ただ、当然そのあとこうなりますよね。

 

「 でもどうしたらいいんだろう・・・・ 」

 

そうです。

お店の経営者としては、

「 じゃあ、どうしたらいいんだ? 」

これが一番の問題ですよね?

そんなときには、まず、今あなたのお店に来てくれているお客さんを
思い出してみてください。

先ほどの焼肉屋さんの話ならば、

「 上質のお肉を気軽に楽しんでもらいたい 」と思っている。

ならば、

「 今のお客さんで一番「上質のお肉を気軽に楽しんでくれているのは誰だろう? 」
「 この自分の考えを一番理解して、一番喜んで、一番応援してくれているのは誰だろう? 」

これ考えてみてほしいんですよね。

たとえばこの質問の答えが、「 山田さん 」というお客さんだったとします。

そうしたら、

「 山田さんは自分のお店のなにを評価してくれているんだろう? 」
「 山田さんがうれしくて「○○さんありがとう!!!!」なんて、
言ってくれて、うれしくて仕方なくなっちゃうような商品やサービスってなんだろう? 」

そして・・・・、

「 山田さんが今の料金の5倍払ってもニコニコして帰ってくれるとしたら、
どんな商品やサービスを提供したときなのか? 」

これ、ぜひ考えてみてほしいんです。

実在のお客さんを思い出してみればすぐ理解できるはずですが、
あなたが一番好きで、「このお客さんは大切にしなきゃ!」って
思っているようなお客さんは、

「 安いからあなたのお店に来てくれているわけではない。 」

そんなお客さんのはずです。

また、あなたも、

「 安売りをして世のため、人のために尽くしたい! 」
「 そのためなら自分は苦しくても平気だ!!! 」

そう思ってお店をしているはずではないはずです。

多くの経営者さんは、

「 お客さんが喜んでくれて、笑顔を見せてくれるのが一番うれしいんです 」

そう言います。

冷静に考えてみてください。
あなたにとって大切なお客さんは「安売り」を求めているわけではありません。

あなたも「安売り」がしたいわけではありません。
あなたが求めているものはそんなものではないはずです。

おなたにとって大切なお客さんが一番求めているものそれは、

 

「 自分が期待していた以上の喜び 」

 

これだけです。値段は関係ありません。

そして、あなたが一番求めているのは、
そんなお客さんの嬉しそうな姿を見ることではありませんか?

きちんとした価値があれば高ければ高いものの方が
それだけ満足度が高いというのが現実です。

本当は高いものの方が満足度は高いんです。

どうですか?

あなたも変な言い訳はなしで、本当に大切なお客さんに全力でぶつかってみませんか?
お客さんもそれを待ってくれているかもしれませんよ。

 

■ 思わず熱くなってしまいました

えーーー、すみません。

久々に思わず熱くなってしまいました。

でもね、せっかく経営者としてお客さんと相対することができる
素晴らしい状況にいるんですから、
大切なお客さんには100%・・・・いえ、
120%の力を出し切ってもらいたいんですよね。

そうやって力を出し切って空っぽになると、
そこにはまた素晴らしいものが入ってくるものです。

ぜひ、一人でも多くの方にその感動を知ってもらいたいです。

 

では、最後にちょこっとだけ宣伝です。

■ 一緒にお店を良くしていきませんか?

もし、あなたが、

「 自分の120%の力を出し切りたい!! 」

そう思っているのなら、私と一緒にお店を変えていきませんか?

ただいま、私が直接、毎週お電話であなたのお手伝いをする、
「サポートメンバー」を若干名(1名~2名)募集しています。

「サポートメンバーとは」曜日と時間を決めていただき、
その時間に毎週定期的に私から直接お電話することで、
あなたのお店を良くしていくサポートをするメンバーです。

私もいままでいろいろな形でのお手伝いを試行錯誤してきました。

毎週半強制的にこちらからお電話することが、経営者さんにとっても
いい刺激となって、結果としてお店を変えていくことができる。

そのことが解りましたので、
今私が有料にてお手伝いしている方はこの形が基本になっています。

毎週1回30分程度のお電話とメールでのサポートがセットで、
料金は1ヶ月3万円です。

まずは、いろいろと状況をお聞かせいただかないと、
私もその料金に見合ったお手伝いができるかどうか判断できません。

また、「今すぐ申し込むか決断しなくちゃいけない」
そんなプレッシャーがあるのはつらいことでしょう。

ですから、ご連絡いただいてもいきなり料金が発生するということはありません。
もし、興味があれば、このメルマガに返信して、

「 サポートメンバーに興味があります 」

とご連絡ください。

あなたのお店作りに私が役にたてるかまずは一緒に考えてみましょう。

 

■ ではでは今日も最後までお付き合いありがとうございました

久々に熱血してメルマガ書いてしまいました。(笑)

荒削りな部分も多かったと思いますが、
多少なりともあなたのやる気に火をつけられたのなら幸いです。

 

それでは、また次回。

 

今日も最後までお付き合いありがとうございました。

明日もいいことがありそうですね♪

メールセミナまとめ記事メニュー

メールセミナーへの登録はこちら

繁盛店に変身させる方法
メールアドレス  
お 名 前    
ひとこと欄    
 
ホームページへ