なぜこの仕事をしているのか?

既にご存知かと思いますが、私の仕事は小さなお店の経営者さんのお手伝いをすることです。

なんでこんな仕事をしているか?というと、実は私自身も以前は

「 レンタルカートサーキットのマネージャー 」

として、小さな規模のお店で四苦八苦してきた経験があるからなんですね。

ところで、あなたは「レンタルカート」ってご存知ですか?

あ、念のために言っておきますが、
インターネットショッピングなんかで使う「ショッピングカート」を レンタルするレンタルカートとは全く関係がありませんよ。

ま、かいつまんで説明すると「カート」という 小さなレーシングカーみたいなものをお客さんにレンタルで乗ってもらって、
遊んでもらうというサーキットです。

ま、ほとんどの方が

「 なにそれ? 」

というようなマイナーな業種ですよね?
私はそんなマイナー業種のマネージャーをやってたんです。

当時、社長には本当に信頼してもらっていたので、
自分の裁量でかなりいろいろなことにチャレンジさせてもらいました。

ただ、残念ながらレンタルカートといってもほとんどの人にはピンときません。

「なんかゴーカートみたいのに乗れるって聞いたけど・・・」

と、子供を連れて来た親子連れなどは5周2,000円という料金を聞くと、「なんでそんなに高いの????」と納得いかない顔で帰っていきます。

また、

新聞に折り込みチラシを入れても反響はほとんどゼロ。

雑誌広告もダメ。

バスや地下鉄に広告を出してみたこともありましたがそれも反響なし。

そんな状況です。

F1中継にTVCMを入れてみても効果は???という感じ。

常連さんに「そういえば昔F1にCM入れてたよね~」といわれるくらいがせいぜいです。

いろんな本を読み漁り、「DMのフォローで集客できる」という話を知って、
会員さんに徹底的にDMを送ったこともありました。

また、

「顧客のデータを活用してその顧客に合わせたDMを送るといい」

という情報を知ってからはわけのわからないコンピューター用語と格闘しながら、
Accessでのデータベース作成を学んで、自動で顧客情報を振り分け宛名印刷ができるようなシステムを組んだこともあります。

また、98年当時まだ

「ホームページって作るのに100万円くらいかかるんじゃないの?」

という時代に、ウインドウズ95搭載のしょっちゅうフリーズしてしまうようなパソコンでホームページ作成ソフトも使わず「メモ帳」でホームページ作成に挑戦したこともありました。

その当時、社長はそういった集客の努力の効果がほとんど見えない時でも、
私のことを責めるようなことはありませんでした。

ただ、当然マネージャーですから、売上は全部知ってます。

人件費や地代家賃、そのほかもろもろでどれだけお金がかかっていて、
どれぐらい経営状況が厳しいか?ということも痛いくらいにわかります。

だからこそ、

「自分自身が努力すれば経費を使わずに集客できる。」

そんな方法は本当にあれこれと試してみたんですね。

当然、スタッフのみんなにも本当にいろいろと協力してもらいました。

閉店後何時間も会社に残ってミーティングすることはざらでしたし、
イベント開催の前夜などはその日のうちに帰れないこともしょっちゅうでした。

また、ポジションによっては夏場は30度を超える炎天下、
冬は吹きっさらしで寒風に吹かれ、小雪が舞うような状況でも一日中立っていなくてはいけない職場です。

室内もクーラーがありませんでしたから、
夏は蒸し風呂、冬もストーブはほとんど効きません。

スタッフには肉体的にも厳しい仕事を頑張ってしてもらっていました。

また、「壊れたら新品を買う」なんて贅沢はそうそう言えない状況でしたから、カートをはじめいろんなものを自分たちの手で修理して、
可能な限り長く使う工夫もしました。
(おかげで溶接が上手になりましたよ(笑))

そんな状況で仕事をしてましたから、
ホントに、いろんなことを身につけることができました。

・今こうやってメールマガジンをお届けできるのも、
・無料レポートや資料をインターネットを使って発信できるのも、
・売上管理ファイルをエクセルで作ってお店の売上げアップに役立てることができるのも、
・料金設定やメニュー設定のアドバイスができるのも、
・どんな広告にすれば反応率があげられるのか?ということがアドバイスできるのも、
・ホームページの作成と、そのアクセスアップのお手伝いができるのも、
・スタッフのモチベーションアップのお手伝いができるのも、

みーーーんなこのときの経験があったおかげなんです。

ただね、そうやっていろいろと経験していくと、

「いままでやってきたことって無駄だったの!?」

と思うような現実にぶち当たることも多いんですよ。

たとえば、先ほど言ったように集客に関しては、テレビやラジオのCM、雑誌の広告、折込チラシ、ダイレクトメール、
看板やバスや地下鉄の広告などなど・・・。

いろんなことを試しましたが、そのほとんどは、

「 これってやった意味があったの??? 」

という結果でした。

逆に、

たまたまふらっと遊びに来た人がハマってしまって、
友達を何人も引き連れて来てくれたおかげで、
なんだかよくわかんないうちに、売上が伸びてしまったこともあります。

そして、そんなこんなの試行錯誤を続けていくうちに、
店舗数が3店舗に増え、さらにいろんな情報が集まってくるようになると、

「いままで自分がしていた勘違いでどれだけ無駄な時間と努力を重ねてたのか?」

「自分がどれだけ不必要な不安を抱えながら仕事をしてきたのか?」

「自分がどれだけ無駄な仕事をスタッフに押し付けてきたのか?」

そんなことが見えてくるようになったんですね。

そして、それが見えてきたからこそ、同じような立場で不必要な努力をしている人たちのお手伝いをしたいって思うようになったんですよ。

そして、2005年のある事件をきっかけに社長と自分の考え方の違いに気付き退社。

そして、それまでの経験で学んだインターネットの技術や、
集客の技術を活用して今の仕事を始めたわけです。

 

・・・・・って書くと、何かカッコいいことみたいですね。

でもホントは、社長と意見がぶつかって勢いで会社やめて、
勢いだけで独立しちゃっただけなんですよ実は。

今考えていると、はっきりいって「逃げ」だったんだと思います。

しかもその当時、コンサルティングなんて仕事をしたこともなく、
「中小企業診断士」とか、「会計士」とかの資格も全くなし。

それなのに、

「 独立しよう! 」
「 自分のように経営なんて全く分かんないのにお店を任されて苦労している人のお手伝いをしよう! 」

「 俺がそれをしないで誰がやるんだ~!! 」

と思いこんでしまったのですね。

はっきりいって、とても無謀です。
無茶苦茶です。よくそんな常識はずれなこと考えられたもんです。

当時なんでそんなこと考えちゃったんでしょうか?
我ながら不思議に思います。

でもね、そんな無謀な経歴ではありましたが、
おかげ様でいろんな方に迷惑かけつつ4年間この仕事を続けてこれました。

また、一緒にたくさんのチャレンジをしてくれた、
多くの経営者さんのおかげで、この4年間でさらに多くの勉強をさせてもらいました。

去年からお手伝いを始めたお店も少しずつ生まれ変わり、
売上もそれに応じて伸びてくるようになりました。

ほんと、ありがたいことです。

ここ数カ月私自身いろいろと悩むこともあありましたが、
今日ふと思ったんですよね。

「 そうだった。 

『 自分は経営なんて全く分かんないのにお店を任されて苦労している人のお手伝いをしよう! 』

そう思ってこの仕事を始めたんだったっけ。 」

ってね。

「 あなたに私がどんなお手伝いができるのか? 」

それは、私にもわかりません。

もちろん、私のお手伝いがあなたにとって役に立たないこともたくさんあるでしょう。

でもね、今日長々とお話ししてきたように、

『 自分は経営なんて全く分かんないのにお店を任されて苦労している人のお手伝いをしよう! 』

という気持ちが私のスタート地点なんです。

もし、あなたが、

「 もうどうしていいのかわかんないよ!!! 」

なんて思った時にはぜひご連絡くださいね。
このメルマガに返信していただければ私のところに届きます。

なにができるかは分かりませんが、一緒に考えてみましょうよ。

なんだかへんてこな文章になってしまいましたが、
こんなことが無性に伝えたくて今日のメルマガになりました。

失礼しました。

また、最後までお付き合いいただき深く感謝してます。

 

さ~!すっきりしたから、また明日からバリバリ働きます!!

 

それでは、最後までお付き合いありがとうございました。

あしたもいい日になるといいですね。

 

 

メールセミナまとめ記事メニュー

メールセミナーへの登録はこちら

繁盛店に変身させる方法
メールアドレス  
お 名 前    
ひとこと欄    
 
ホームページへ